FC2ブログ
佐倉華音のゲームでもやるかのん!

プロレスとV系が大好き佐倉華音&Reilaのゲームプレイ日記。ネタバレ、しょうもないボケが含まれます。むしろ、それがメインです。


自己紹介です☆ 

佐倉華音&Reila

Author:佐倉華音&Reila
ゲームとプロレスとV系を愛する人。最近ラブライブにハマった模様。真姫ちゃんほんとすこ
1日1記事しか投稿できません。制限とかじゃなく私がしんどいだk(ry



相互リンク募集中!

ブログランキング参加中!よかったらクリックお願いします☆


人気ブログランキングへ


カテゴリ 


人気記事アクセスランキング 


カウンター 


RSSリンクの表示 


フリーエリア 


佐倉一族、出陣! ~俺の屍を超えてゆけ~ 0日目

ども、佐倉華音です。

ちょっと和風ゲーム?和的な感じのゲームをやりたいのでこれやります。

俺の屍を超えてゆけ(PSP版)

※1999年にPS版販売です。今回プレイするのはリメイクのPSP版。2011年発売。

※【1】は初見ですが【2】のプレイ日記など見させていただいたので・・どういうゲームかはわかってます。

※とにかく生き死にが激しいゲームですよね!(?)

※まぁ適当にやっていきます。大量に考えなきゃいけない「名前」は適当につけないようにしよう・・


ということでやっていこう!


俺の屍を超えてゆけ プレイ日記!

※タイトル画面がバグってたのでタイトル画面無いです!ごめんなさい!ではどうぞ!(?)



よし、屍を超えていきますよ!(?)

・・・なんかこういうノリで言うことじゃない気がするんですが・・・まぁ、とにかく頑張っていこうって話です。はい。←

まずこれがどういうゲームなのか。最初の方のストーリーを一部分だけ撮りました。

screen9.png

おれしか

簡単に言うとこの鬼、朱点童子を倒す感じなんですね・・

このストーリー見てたんだけど・・なかなかドギツい話でした。はい。鬼畜生でした・・。

鬼に捕まってるBABYが主人公となるわたくし。画像無いんですが鬼の前には両親がいます。

父親が囚われの娘(罠)に殺されて母親は服従するから子供を解放してくれという話。。

ここで両親が消えたのかな?そして主人公は解放されたわけです。赤子でも両親殺されるのを見るのはちょっとドギツいけどね。

朱点童子は主人公に呪いをかけるべくおでこにグリーンピース(!?)をくっつけて解放。グリーンピース苦手なんだけど・・←

あ、この「呪い」がこのゲームの最大のポイントでござんす!

screen3.png

「短命の呪い」と「種絶の呪い」・・

画像無いけど「短命の呪い」っていうのはその名のとおり短命です。2年ぐらいしか生きることができません。

え?2年しか生きることができないってことは?赤子のまま亡くなるのかって?

まぁまぁ、焦らないでください!最後まで話を聞いてください!(ウザい)

2年間の間は急速に身体の成長が行われます。生まれた時から大人のような感じになるんですね!

だからピーターパン症候群の心配は・・無いのかな?どうなのかな?(どうでもいい)

次に「種絶の呪い」について。これは・・人間同士でチョメチョメ(言い方)して子供を残すことができなくなるって話です。

え?人間同士で子供を残すことができないってことは?人間以外とチョメって(言い方)子供を残すのかって?

はい、そこ、大正解。褒めてやろう(ウザい)

(´゚◞౪◟゚)さっきからなんだこのノリは  (´゚c_,゚`)暗い話をなんとか明るくしたくてこうなったんだって

えっと・・人間との子供を授かることはできないんだけど「神様」との子供を授かることは可能なんですよ。

ということで・・主人公が今からやるべき事は・・

「神様との子供を授かって一族を作り上げていって朱点童子を倒す!」ってことだね!

こういう表現が正しいかどうかはアレだけど・・・非常に楽しみです。はい。面白そうな世界観。


さて、一族の名前はもちろん佐倉一族。当主?は華音で。まずは子供を授かる流れです。

screen11.png

女の子が生まれました!名前は玲來(Reila)で!久しぶりにReilaネーム登場!←

んーでもなぁ・・ちょっとアレかな。華音も玲來も青髪ってのはちょっと微妙かもしれないなぁ←

いやね?私の中での設定なんだけどね?華音って赤髪なんですよ。玲來って紫髪なんですよ←

これ実は何回かやり直したんですが華音も玲來も青髪ですよ。はい。

いや、青髪が嫌いってわけじゃないですよ?青髪好きですよ?大好きですよ?

私が一番好きなアメリカのプロレスラーも一時期青がかった髪でしたもの。だから青髪自体は大好きなんですよ←

(´゚◞౪◟゚)誰かわかるかな~?  (´゚c_,゚`)わかるかな~?

・・・しかし華音も玲來も1年ちょっとしか生きれないってことでしょ?

それ以降の子供たちの名前を考えておかなければならないってことだもんなぁ。

極力同じ読みで違う漢字ってのは使いたくないので・・オリジナルネームを考えなければならない。

いくらゲームといえどDQNネームにはしないようにしよう。うん。

(´゚◞౪◟゚)ちなみにリアルで名前候補メモを書いてるんですが  (´゚c_,゚`)残念ながらDQNネームありましたね・・

・・・また青髪になるのかしら?←


そういえばこの戦いをサポートしてくれるキャラがいるわけですよ。

サポートキャラのイツ花さん。結構フランクな感じがします。すごく元気だしね。

基本的にこの人に行動とか聞けばいいのかなーって感じなんですが・・・難しい事考えずに戦うべし!と言われました←

・・・まぁいいや。よろしくお願いしますぜ。持ち前の明るさで戦闘の疲れを癒してもらえればいいなと!

あ、もう一人サポートキャラがいるみたいです。

oreshika_0003.jpeg

何この超絶イケメン!好き!←

黄川人くん・・この見た目通り超イケメンです。はい。私にとっては超絶イケメンです。こういう子好みです←

なんか見た目が透けてるのがちょっと気になりますけどね・・なんで透けてるの?イケメンだから?←

あまりのイケメンっぷりでなんかこう透ける感じなのか?あれ?イケメンって透けるもんなのか?(錯乱)

とにかく!イツ花さんと黄川人くんがサポートキャラとして色々教えてくれるみたいです。よろしくぅ!


さて・・準備とかはいろいろ終わったのでね。そろそろ出撃してみますかね!

出撃というか戦闘画面を撮ってみました。普段あまり戦闘画面を撮らないワタクシですからねぇ←

oreshika_0004.jpeg

oreshika_0005.jpeg

はい、こんな感じで。最初に報酬スロットみたいなのが始まって。そこからコマンド式対戦ですか。

華音が剣士で玲來が薙刀士っていう。まぁ職業に関してはキャラ設定とか無いからそれでいいっす←

剣士が1体重点、薙刀が1列攻撃っていう感じか。薙刀士を増やした方良いのかな?

まぁ・・色々考えながら進めて行きます。0日目はこれで終わり。


0日目だしそんなに盛り上がりないっすね。はい。←



ランキング参加中!よろしければクリックお願いします☆





関連記事
2016/04/19 10:00|俺の屍を超えてゆけ(完)TB:0CM:2


コメント

俺屍初代気になってたので楽しみです。
ゲーム画面は2とあんまりかわんないんですね~w
これなら初代を今からプレイしても全然
気にならなさそうだなーとおもいました(ノ∀`)
もにょ子 #-|2016/04/20(水) 16:00 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
もにょ子さんの【2】プレイ日記見てた時いずれやってみたいなぁと思ってたんです!そこで初代をやってみようという結果です。
まぁPSP版(リメイク)だから絵的にはあまり変わらないのかも?です。

神様は1,2と同じ人も結構いるみたいですし。タケル様もいたはずです。
後は・・名前考えるのが大変ですけど・・まぁなんとかしますw
佐倉華音&Reila #-|2016/04/20(水) 18:52 [ 編集 ]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://reilaash.blog.fc2.com/tb.php/927-79e0dcab


Twitterやってみる 


リンク 

このブログをリンクに追加する


好きなアーティスト(順不同、敬称略) 

男性アーティスト

GLAY
L'arc~en~Ciel
SOPHIA
GACKT
T.M.Revolution
Janne Da Arc
Acid Black Cherry
シド
the GazettE
ナイトメア
仙台貨物
ヴィドール
GOTCHAROCKA
SuG
A9
ゴールデンボンバー
アンティック-珈琲店-
Lc5
己龍
R指定
MEJIBRAY
アンド
Blu-BiLLioN
アルルカン
DaizyStripper
NoGoD
Mix Speaker's,Inc.
ドレミ團
defspiral
BugLug
シリアル⇔NUMBER
コドモドラゴン
Vistlip

女性アーティスト

SCANDAL
でんぱ組.inc



話合う人よろしくー。


月別アーカイブ 


最新コメント 

Copyright(C) 20XX 佐倉華音のゲームでもやるかのん! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.